昭和産業の園芸用ハウス
昭和産業では、ハウス本体基礎から部品等も多数自社で加工、製作しています。
ハウスづくりの基本である頑丈さや耐風性はもちろん、採光性や作業性、経済性なども考慮し製作しております。
また多数仕入先がございますので、換気扇や灌水資材、温室・ハウス内の環境を高める設備なども敷地条件や栽培作物、予算などに応じてベストなプランをご提案しております。

プラン作成・お見積もり・施工・アフター、一貫して承ります。地・畝(ベンチ)取りに応じますので、お気軽にご相談ください。

(施工例)

上写真は、四角や長方形ではない土地に施工させていただいた例です。
土地が一部狭くなっていましたので、土地の形状に合わせて梁やアーチパイプ、直管パイプ、その他部品を加工・制作して施工する事で、土地を有効に活用できるようにしました。

ハウスのタイプ

高軒高ハウス

高軒高ハウスは次世代型ハウスとして近年話題になっています。軒高の高いハウスはオランダでは主流です。オランダの高軒高ハウスによる栽培システムをもとに、高知県では高知県の気候に合った栽培システムが様々な場所で研究されています。高軒高ハウスは、軒高が従来ハウスに比べて約2~2.5倍も高くなっています。

SP(AP)ハウス

園芸用ハウスで一般的によく見かけるベーシックなタイプのハウスです。施工が簡単で、コストが低い事が魅力です。アーチ補強型もあります。

SP-250・300 Aタイプ・Bタイプ

台風の多い高知県では、こちらもよく見かける事が多く、SP-ハウスに比べて柱と合掌が一体となり風や揺れに強いタイプのハウスです。
Aタイプの谷樋は、ステンレス折り曲げ加工、Bタイプの谷樋はレインペットワイド。
フレームピッチは2.5mと3m間隔が標準仕様です。

SK-モークハウス

県産の杉やヒノキの間伐材を使用。保湿性に優れているうえに、防腐処理をしているので耐久性にも遜色がありません。

お気軽にお問い合わせください。088-863-2626営業時間 8:30~17:30

メールフォームからのお問い合わせはこちら